ホーム 〉 コラム 〉

8話 現代の縁側「インナーテラス住宅」 活用・展開法

8話 現代の縁側「インナーテラス住宅」 活用・展開法

家の中に風の流れが生まれる「風を起こす家」。夏涼しく冬暖かい健康快適住宅。
庭仕事の大好きな建築主が「庭を楽しむ家」「土間のある家」が欲しい!という要望からスタートしました。

 

半戸外の土間は、家の「中」と「外」の空気が同化し、不思議な一体感が生まれます。
庭を活かし、植物との生活感を演出するアウトドア的リビングスペース。

 

庭から入る風はピットの煙突効果によりに吸い上げられ、家の中に自然な風の流れが起きる。
夏の夜間用に、南側には防虫ロール網戸が仕掛けられている。

 

さらに、家の構造が自然な風の流れを生み出す、快適な自動換気システムを設計しました。
換気扇を使わず、トップライトピットが外部の風力により煙突効果で風を吸い上げる重力式自然換気システムです。

 

機械設備を使わないエコシステム24時間健康換気。
まさに現代版「明るい民家」の家です。

 

最上部は大屋根を縦断する光の背骨のようなトップライトピット。
やわらかな明るい光を落とすインナーテラスの外周を巡るトラス梁の上は、メンテナンス通路となっている。

勝田無一のガーデン講座

日本のトップガーデナー24人である建築家のガーデン講座が本になりました。ご笑読いただければ幸いです。

ガーデン講座はこちらから


TOP