ホーム 〉

自然生薬用防虫剤

自然生薬用防虫剤

Natural for insect repellents

これまでにたくさんの「家の中の庭」をはじめ、生活スペースの身近に植え込みを作ってきましたが、作り始めた初期の頃・・・・
虫が付いたらどうするんですか?・・・・・と聞かれました。そうですよね・・・・・家の中で殺虫剤や農薬をまくわけにもいかないし・・・・・・そこで長年に渡り研究・実績を重ねて誰でも出来る身近にある生薬を使ったカンタン万用防虫剤を作りました!

材料

  • 赤唐辛子(輪切り)

  • ローレル(月桂樹の葉)

  • 米酢・穀物酢

  • 粉石けん

道具

  • 一週間後の唐辛子焼酎

  • ジョウゴ+濾し紙

  • スプレー容器

作り方

  • 1.8~2リットル用の広口漬け物容器に1/4程度 赤唐辛子(タカノツメ) の粗切り又は輪切りとローレルを細かくちぎって入れる。
  •        
  • 上記に焼酎を入れ、常温にて1週間以上放置。(赤い唐辛子酒となります)(そのまま保存できますので適時必要量を使用します)
  •        
  • 霧吹き容器にジョウゴ(+濾し紙)を立て・・・・唐辛子酒 3  酢 1 の割合で混合し、粉石けんを溶いて加える。(注)お酢の臭いがきついと思われる場合は割合量を控えて4対1程度として下さい。

使用方法

害虫予防には・・・・上記混合液を 1.5倍程度に薄めたもので噴霧。(1~2回/月)
         虫が付いてしまったら・・・上記混合原液を3日置きに3~4回噴霧。
         (たっぷりと水やりした後・・・半日位して葉が乾いてから噴霧します)
         (噴霧期間中は水やりを控えます)

その他の自然生薬・植物用防虫剤

  • ナメクジ 飲み残しのコーヒーを噴霧します
    (1~2%のカフェイン溶液はナメクジとカタツムリの殺虫効果があります。葉を食い荒らすことを抑えるにはわずか0.01%の濃度で十分です。カップ一杯のインスタントコーヒーに含まれるカフェインは0.05%程度であり、レギュラーコーヒーではそれより多くなる。カフェインがナメクジやカタツムリを殺す機構は不明であるが、カフェインを浴びたナメクジがのたうちまわって死ぬことから、カフェインが神経毒としてはたらくのではないかと思われます)
  •        
  • 土の殺菌、センチュウ他 ドクダミ 唐辛子
    煮出して土にかける。にきび予防にも効くので人間が飲んだ残りをハーブにも。唐辛子酒を作った後の唐辛子を土に混ぜ込んでも良い。(土壌中の腐敗菌を殺菌し、植物の育成に有効なバクテリアを繁殖させる効果がある)
  •        
  • 害虫全般 ニンニク・ニラ
    煮出してスプレー。(※お酢につけても良い。浸出期間は約1ヶ月~3ヶ月)確かにききますが、とにかくクサイです。たまりません)室内ではお奨め出来ません。外部の庭にご使用下さい。ニラやニンニクはコンパニオンプランツとして植え込むと周囲の植物への防虫効果があります。
  • カイガラ虫、地中の害虫の予防他 ローレル(月桂樹)
    乾燥させた(シチュウ等料理用に使う)ものを濃く煮出して、土にかける。(参考:乾燥した葉を数枚そのまま米びつの中に入れておくと防虫効果があります。時々葉を 取り替えて下さい)(唐辛子スプレーを作る時に多めに入れるとさらに強力な防虫剤に)


TOP